式場スタッフによる、様々なことを綴ったスタッフブログです。

ラインアット

Sweet Roses Club OKAZAKI スウィートローゼスクラブ岡崎 に電話をかける

お電話でのお問い合わせ・ご予約・ご相談

0564-26-2111

平日/11:00~19:00 土日祝/10:00~19:00(火曜休館日)

メールでのお問い合わせ・ご予約・ご相談

0564-26-2111

開催中のフェア 資料請求 来館予約

スタッフブログ
BLOG

2021
May
05
MON TUE WED THU FRI SAT SUN
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事検索

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

スタッフブログ

シェフがこだわる彩りの野菜

                                    

こんにちは! 昨今、テレビやニュースでもよく変わったお野菜をご紹介されたりするケースも多く、こだわりをもって育ててくださっている農家さんたちが話題になることも多く見受けられるようになりました。当館のシェフも食材や目新しい野菜、エーデルフラワーなど様々なジャンルを探しまわって結婚式のお料理に活かせないかと愛知県だけでなく静岡県なども訪れていたりしているんです。 そんなシェフがこの前、私に熱く語ってくれた様々な『トマト』たちをご紹介致します。 トマトといっても一般的によく見る手のひら大の大きなトマトとプチトマトという印象が強いかもしれませんが、トマトの世界には彩りも味わいも品種によってさまざまな個性があり、お料理の付け合わせやソース、使い方によってぴったりのトマトがあるようです。 ざっと軽く出しても下記のように名前も聞いたことないトマトの種類があります。 ・ミニトマト ・ローマトマト ・セレブリティートマト ・ゼブラトマト ・イエローアイコ ・マイクロトマト ・チェリースノーボール ・イタリアンレッドペアー ・パープルロシアン などなど   シェフが田原の農家さんを訪ねて色々なトマトを試行錯誤しながら創り出すお料理の魅力を感じることができました。 ぜひ、シェフが食材からこだわって創り出すお料理の品々をご来館時はゆっくりとお楽しみくださいませ。

結婚式準備で早めにやっておくべきことは?事前に準備したい11項目*

                                    

結婚式までまだ時間があると思って後回しにしていることありませんか?実は準備に時間がかかる物はたくさんあるんです。今回は早めに準備できる物をご紹介します。しっかり用意して余裕の式当日を迎えましょう

まだまだ時間があると油断しがちな結婚式準備!

結婚式当日を迎えるまでの期間はだいたい半年~1年ほど時間がたくさんある方が多いですよね。

ですが余裕があるように見えてギリギリになってしまう人も多いんです。

直前に焦らないように、早めに準備できるものやDIYしたいものを確認しておきましょう。

早めの準備がおすすめな11項目

早めに準備できるものはしてしまいましょう*

さっそくチェック

①席札メッセージ

11人ゲストに向けて書く席札のメッセージは出席が分かった段階で取り組みましょう*

少しずつでも全員分となるとかなりの量になるので計画的に進めたいアイテムです。

②プチギフト装飾

コストを抑えるため自分でプチギフトを用意する方は注意です*

プチギフトもゲスト数分必要なのでとにかく時間がかかります。後回しにせず早めに取りかかりましょう。

③受付アイテム

受付サインやウェルカムボードは早めに取り組んでも意外と忘れがちな芳名帳、招待客リスト、筆記用具の準備もしておきましょう。

また、受付サインはゲストが最初に見る結婚式の顔。早めに作り始めて納得のいく仕上げにしましょう*

④ウェルカムスペースアイテム

ウェルカムスペースに何をどんな風に置くか、こだわりすぎてなかなか決まらないことも。

楽しく準備するためにも早めに決めていきましょう

⑤プロフィールムービー

自分たちで作るには少し大変なプロフィールムービーですが、面倒だからと後回しにしてギリギリになるカップルが多いアイテムです。

直前で業者に頼むことにしても割高になってしまうのでできるだけ早くスタートさせて

⑥式の流れの確認

式当日は挙式から披露宴まで数多く段取りがあります。

本番で慌てないためにも事前にしっかり頭に入れておきましょう*

⑦ホテルの手配

自分たちやゲストの宿泊先ホテルの手配も早めがいいですね◎

とくに連休やハイシーズンの場合は気を付けて

⑧お礼やお車代

お礼や遠方からのゲストに渡すお車代も実は作業が多いので注意です。

金額の決定、新札の用意、ポチ袋への記入などやることはたくさん。夫婦二人で協力してさくさく準備してしまいましょう*

⑨花嫁の手紙(両親への手紙)

両親への手紙は少なくとも式数日前までに書き上げておきましょう。

書きながら泣いてしまって結婚式当日、目が腫れてしまうこともあるからです。落ち着いて当日を迎えるための準備ですね♩

⑩新郎謝辞

式の最後に行う新郎の挨拶。彼に任せきりにして気づいたら前日ということも。

一緒に練習してもいいかもしれませんね。

⑪当日の持ち物チェック

当日忘れがちな物としては、コンタクトの予備や目薬、ハンカチ、婚約指輪があります。

リストアップしておいて忘れ物がないようにしましょう*

事前準備は完璧に!

時間があるように思えてあっという間に過ぎていく準備期間。

当日心にも余裕を持って結婚式に臨めるように早めの準備を心がけましょう

プランナーに聞いた! 初回打ち合わせ前に”絶対に!”やっておくべきこと

                                    

会場が決まってほっと一安心、とのんびりしたい気持ちはやまやまですが、ここはもう一踏ん張りしたいところ!初回打ち合わせを実り多い時間にするために、この時期に”絶対に!”やっておくべき準備をプロから聞いてきました。この記事を参考に、好スタートを切りましょう。



会場により異なるものの、実は決めることはごくわずか

会場により打ち合わせ内容は異なるものの、メインとなるのは今後の準備に関するガイダンスと、より多くの事をお互い知れるお時間になる為、決めることはそれほど多くはありません。とはいえ、式の進行や雰囲気といった具体的な内容は2回目以降の打ち合わせで話すことになるものの、それに向けて目指すべき方向性はある程度固めておきたいもの。事前にふたりで考える、確認するなどして初回打ち合わせに臨みましょう!

“絶対に!”と“できれば”の準備を把握して、打ち合わせに臨んで

初回打ち合わせは、式の半年~4カ月前に行われるのが一般的。この時点では、詳細はあまり固まっていない人の方が多いはずで、明確にさせることが難しい内容もたくさん。だから初回打ち合わせには、“絶対にやっておくべきこと”と“できればやっておきたいこと”の2つの視点の事前準備で臨むとラク。まずは以下の一覧を確認し、さらに各準備内容とそれらが必要な理由をチェック。そして“絶対に!”の準備のコンプリートを目指そう! <絶対に!やっておくべきこと> 絶対に!1…ゲストの人数出し 絶対に!2…重視ポイントの検討 絶対に!3…親の意向の確認 絶対に!4…ふたりのスケジュールチェック <できればやっておきたいこと> できれば!1…スピーチ、余興候補者のリストアップ できれば!2…結婚式のテイストの検討(テーマを決めてからで大丈夫) できれば!3…ゲストリストの完成

理由→ゲストに合わせた内容で、結婚式の提案ができるから

「どんな式にするのか――」。その具体的な内容は2回目以降に固めていくとはいえ、それに向けて方向性を絞っておく必要があります。だからこそ、どんな人が、どのくらい来るのか、といった情報が重要に。なぜなら顔触れによって、ふさわしい内容や雰囲気、できる演出やタイムスケジュールが異なるから。誤差込みでもよいので、誰を呼ぶか考えを固めておきましょう。ただ親族ゲストについては、親の確認も済ませてくこと。

理由→2回目以降の打ち合わせで、的確な提案をしてもらえるから

絶対に叶えたいこと、大切にしたいことをふたりで話し合っておくこと。これらを最初にプランナーに伝えることでその後の打ち合わせがスムーズになります。もし、その希望の実現が困難だとしても代案を考える余裕も生まれますし、さらなるブラッシュアップも可能に。大事なことだからこそ最初にしっかり話し合いを。また、その過程はそれぞれが求めるものを互いに共有することにもつながるのでいいことずくめです。

理由→意見の不一致による、決め直し等の二度手間を防ぐため

 

<できれば!_1>スピーチ、余興リストアップ→理由:進行や依頼の検討に

披露宴の時間は約2時間半~3時間と限りがあるため、誰に何をお願いするか、何組に登場してもらうかは、進行スケジュールに大きく関わります。お願いしたい人が決まっている、あるいは既に依頼の声を掛けているなら伝えましょう。またスピーチの承諾をもらっている場合でも、きちんとした依頼をするのがマナー。その手順についてプランナーに相談できるのも利点です。  

<できれば!_2>結婚式のテイストの検討(テーマを決めてからで大丈夫)


会場によっても異なりますが、初回打ち合わせで招待状のデザインなどの選定をするケースもあります。そのためには結婚式のテイストを固めておくことが必要で、それに応じて招待状の文面(式の主催者が誰になるか等)や適したデザインや依頼先を考え、司会者もテイストに合う雰囲気で絞り込んで予約することが可能に。“式のテイスト”は式の内容を考えるだけでなく、事務面でも重要であることを意識して。結婚式のテーマはおふたりと一緒に決めていくので安心して!

<できれば!_3>ゲストリスト完成→理由:2回目以降の打ち合わせがラク


これは、式内容の打ち合わせ・提案が的確に進むのはもちろんだけれど、2回目以降の打ち合わせで発生する席次決めが格段にラクになるのが大きな理由。初回打ち合わせは比較的、時間に余裕があるタイミングです。忙しさが増す時期にリスト作成や席次検討に使う時間が減らせるので、今のうちにやっておくのはおすすめなのだそう!  

ふたりの意見を確かめ合っておくと、後悔は少なくなるはず

打ち合わせでちょっぴり残念なパターンは、その場で話し合いが進まず打ち合わせ後や2回目の打ち合わせへの持ち越し案件が増えてしまう場合。打ち合わせはプロと話すことができる機会なので、何かを決めるまでいかないまでも事前にふたりで意見を交わし、希望や避けたいこと、大事にしたいことを固めておいて。それによって、打ち合わせの時間が有意義になりますよ。   ぜひ打ち合わせの参考にしてみてください!

口コミから紐解く「いい結婚式だったね」と思わずゲストがつぶやく、おもてなしの極意って?

                                    

幅広い年代が集まる結婚式。すべてのゲストに「いい結婚式だったね」と喜んでもらえる結婚式とはどんなものなのか、結婚式に参列経験を口コミから紐解き、高評価だったポイントをご紹介!みんなの声を参考に、幅広い年代に喜ばれる結婚式のおもてなしを考えてみよう!

【極意1】とにかく幸せな笑顔が見られること

結婚式では「笑顔」はとても重要な要素。ふたりがゲストに笑顔を向ければ、ゲストも幸せな気持ちになり、結婚式全体に笑顔が溢れることになる。また、ゲストの笑顔を引き出すためのさりげない演出も考えて。 【ゲストVOICE】 「互いに思いあっていることが伝わるほど、幸せそうな笑顔がずっと見られたこと。新郎のサプライズを見て、新婦への愛情が感じられて、こちらまで幸せな気持ちになった」(27歳女性) 「ふたりの会社の人たちのスピーチや映像演出などから、新郎新婦が愛されていることが伝わってきました。みんなが笑顔になれましたね」(27歳女性) 「余興や映像演出なども含め、結婚式全体に温かなムードが漂っていました。新郎新婦はみんなに祝福されて笑顔いっぱい。ゲストも幸せな気持ちに包まれました」(31歳男性) 「ふたりが各テーブルを回る時間が長く取られ、ゆっくり会話することができました。幸せなふたりの姿を間近でみることができたのがよかったですね」(49歳男性) 【幸せな笑顔が見られる演出のヒント】 ●新郎新婦お互いへのサプライズなどで、思いやりを伝える ●ゲストのスピーチなどで、祝福を表現いただく機会を作り、触れ合う時間を作ろう ●各卓を回るなど、ゲストの近くで笑顔を見てもらうようにする

【極意2】ゲスト一人ひとりへの心遣いが感じられること

アンケートの中で目立ったのは、「『精いっぱいもてなしたい』という新郎新婦の気持ちが伝わってくるとうれしい」というもの。ゲストをもてなしたいという気持ちはどの新郎新婦も持っていると思うが、それをゲストに伝えるのはちょっとしたテクニックも必要なよう。 【ゲストVOICE】 「アレルギーに配慮した料理をはじめ、子ども連れゲストのためにベビーベッドや授乳室として使える控室を用意してくれたりするなど、ゲストへの気遣いが感じられる結婚式は参列していて気持ちがいいですね」(27歳女性) 「料理がとてもおいしく、飲物も種類が豊富でした。ゲストをもてなそうというふたりの気持ちが伝わってきましたね」(31歳男性) 「1人1個ずつキャンドルを飾りに行くなどの演出は、一緒にその披露宴を作りあげている感じがしてうれしかった。参加するということは、お祝いの気持ちを表せるということなので」(41歳女性) 「細かいエピソードを1人ずつメッセージに書いてあった結婚式。ちゃんともてなされている、大事にされているとうれしかったです」(46歳女性) 【ゲストへの心遣いが感じられる演出のヒント】 ●アレルギーや子ども同伴の有無などを事前に確認し、対応する ●一人一人との思い出やパーソナルに沿ったアレンジを取り入れる                        ●ゲスト参加型の演出を盛り込む ●メッセージやあいさつで一人ひとりに気持ちを伝える

【極意3】ふたりの人となりが伝わること

ふたりの結婚式なのだから、とおりいっぺんの内容ではなく、ふたりの個性や人柄がわかる演出がほしいと考えるのは、多くのゲストに共通する思いのよう。さらに深く知ることができれば、共感や祝福の気持ちもより強くなるはず。 【ゲストVOICE】 「ふたりの出逢いのきっかけが卓球ということで、お互い卓球一家で生まれ育ったそんな家族関係やふたりのことがとてもよく分かるいい結婚式でした」(35歳男性) 「スピーチやふたりに関係のないカラオケなどがなかったのがよかった。ふたりの生い立ちやなれそめなどを映像で紹介したものをみんなで見ながら、和やかな雰囲気に包まれました」(49歳女性) 「新郎新婦の地元の伝統芸能が披露された結婚式が印象的です。ふたりの地元のことも分かりましたし、新郎新婦もそれに加わって、ゲストを楽しませたいという気持ちも伝わってきました」(68歳男性) 【ふたりの人となりが伝わる演出のヒント】 ●式テーマや演出などにふたりの趣味や趣向、ルーツなどを盛り込む ●ゲストからの演出を、ふたりに関することを取り入れてもらう

【極意4】親や家族への感謝が感じられること

結婚式はゲストに結婚の報告をし、おもてなしをする場と考えると、新郎新婦が親や家族に感謝の気持ちを表す演出を行うのは少し抵抗がある、と考えるふたりもいることだろう。だが、ゲストは意外におおらか。むしろ新郎新婦が親や家族への思いを伝えるシーンに感動したり、共感したりするという声も多い。 【ゲストVOICE】 「新郎新婦から家族への感謝の気持ちが伝わってくる披露宴はやはりいいですね。家族の絆を感じる演出は、見ている方も感動します」(29歳女性) 「ふたりの出会いのきっかけとなった祖母を大切にし、おもてなしの気持ちを感じさせる結婚式は、こちらも心地よく過ごせました」(37歳女性) 「新郎の最後のあいさつにゲストはもちろん、自分や相手の親への感謝の言葉があったのは感動しました」(38歳女性) 「親へのプレゼントや手紙があると、人となりがよく分かるし、親が喜んでいる姿を見るのはゲストとしてもうれしいですね」(41歳女性) 【親や家族への感謝が伝えられる演出のヒント】 ●普段はなかなか伝えられない素直な気持ちを大切にする  

ふたりの素直な気持ちが溢れた結婚式はゲストの満足度が高い

ゲストが結婚式に期待しているのは大掛かりな演出などではなく、ふたりの個性や人柄がわかる、感謝の気持ちが伝わってくるおもてなし。 「いいね!」と感じてもらえる結婚式にするために、「笑顔」が溢れる、そして「心遣い」が、「ふたりの人となり」が、「親や家族への感謝の気持ち」が伝わるおもてなしを、それぞれひとつ考えてみよう! また、スウィートローゼスクラブ岡崎ではブライダルフェアを通してどんな結婚式がおふたりらしいのかを一緒にカタチにしていけるようにご案内をしております。ぜひ一度ご相談にお越しくださいませ。  

2021年アニバーサリー開催のお知らせ!

                                    

皆様いつもスウィートローゼスクラブ岡崎のHPおよびブログを ご愛読いただき誠にありがとうございます。   毎年恒例行なっておりましたアニバーサリーイベントを今回は少し形式を変えて、 組数限定のカタチで開催をする事に決定いたしました。   ファミリーフォトを楽しみにしてくださっているお客様、 そして、この周年イベントを毎年ご家族様でご参加してくださっている お客様にも楽しみにしてもらえたら嬉しいなと思います。 今回は『サーカス』がテーマのアニバーサリーイベント。 大人も子供も楽しめる一日となりますようにスタッフ一同ご準備して 参ります。   ご予約は公式LINE(ID:@s-roses)より承っております。    

プレミアム苺のスペシャルデザート誕生!

                                    

いつもスウィートローゼスクラブ岡崎のブログをご愛読いただき ありがとうございます! 今日はパティシエ渾身の新作デザートをご紹介致します! 明日のアイテムフェアで初お目見え! 実際のビジュアルはこちら! 何とプレミアム苺と言われる、品種の苺をふんだんに使った スペシャリテ。プレミアム苺の果汁たっぷりの甘味と ローズゼリーのさっぱりとした味わい、練乳のアイスと 抜群の組み合わせ。 さらに驚きの仕掛けはギフトボックスに入った、 苺のカヌレ・・・ こちらはプチギフトとしてもお持ち帰りも可能な一品。   春の5月末までの限定デザート! この春挙式のご新郎ご新婦様には新作デザートおすすめです!

ゲストとお客様を繋ぐカタチ

                                    

みなさんいつもスウィートローゼスクラブ岡崎のページをご覧いただき誠にありがとうございます! 本日も大切なお客様の結婚式を迎えます! 今日ウエディングプランナーとお客様の好きなアーティストが一緒で盛り上がって打ち合わせを行なってきたおふたり!またウエディングシーンのご紹介致します!   さて、今ご結婚式をご検討、お打合せを行なっているお客様も色々と 考える事、悩まれることも多いかと思います。   スウィートローゼスクラブ岡崎ではご欠席になってしまったお客様にも 結婚式当日が楽しんで頂けるように精いっぱいのご案内とご提案をさせて頂いております。 距離を超えて繋がる結婚式、いろんな想いがあるからこそ、その想いをしっかりと 繋げていく事が私たちウエディングプランナーの使命だと思います。 今日のご結婚式も素敵な瞬間をより多く創り出せるようスタッフ一同努めていきます!

mission impossible wedding~結婚式大作戦~

                                    

皆様、こんにちは! いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます✨ 本日のブログは一体感溢れる『フェスウェディング』についてご紹介させて頂きます! おふたりが大好きなフェスをテーマに! こだわりポイント① フェスといえばグッズは必須ですよね! ゲスト様、スタッフを含め名前を書いたパスカードを、 スタッフはオリジナルTシャツを着用しおふたりを迎えました^^   こだわりポイント② フェスフードを使ったBBQ! おふたりも食べながらゲスト様とBBQを楽しみたい!ということで おふたりからゲスト様へBBQのサーブをしていただきながらおふたりももぐもぐ 大盛況のBBQでした✨ こだわりポイント③   おふたちへのサプライズ! おふたりからフェスの楽しさを伝えていただいたからこそ 大盛り上がりだった結婚式 そんなおふたりに私なりのフェスの景色を伝えたい その想いから披露宴後チャペルにてサプライズを行いました!     おふたりと共通の『フェス』というテーマで創った結婚式! おふたりにとっても私にとっても 印象に残る一日でした✨

GOOD WEDDING AWARD 2019

                                    

皆さまこんにちは! いつも当会場のHPをご覧いただきありがとうございます! 今日は皆様にご報告です! ウエディング業界ではリクルート様にて毎年ウエディングのコンテストを 開催しております。スウィートローゼスクラブ岡崎からも全ウエディングプランナーがエントリーをし、 全国から約700通の候補作品が投稿され、審査をして頂きました。 ポイントはウエディングプランナーの介在価値です。 お客様の様々なニーズを叶えるためにそのウエディングプランナーが関わりどんな価値を お客様に与えられたか・・・がポイントとなります。   そんなコンテストでスウィートローゼスクラブ岡崎のウエディングプランナーの幅泰葉が 全国ベスト50に入賞しました! 引き続きスウィートローゼスクラブ岡崎のウエディングプランナー全員でより良い結婚式を作り出せるように精いっぱい努力して一組一組素敵な結婚式のお手伝いをしていきたいと思います。  

親御様へ感謝を込めて/結婚式場スウィートローゼスクラブ岡崎

                                    

みなさん、こんばんは! いつもスウィートローゼスクラブ岡崎のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。 本日のブログは『わたしの好きな結婚式のシーン』をご紹介させていただきます。 わたしの結婚式の好きなシーンは披露宴の結びのシーンです。 その中でも親御様へ感謝の気持ちを込めて記念品を渡すとき。 自分の成長をいままで見守ってきてくださった親御様に 「ありがとう」の気持ちってなかなか恥ずかしくて言えないことが多いですよね そんな、いつも言えずにいた「ありがとう」の気持ちを 伝えることができる瞬間でもあります 「いつもありがとう」 「これからもよろしくね」 この日だけは、強がっていた自分も いままでの楽しかった想い出も大変だった想い出が 走馬灯のようによみがえって ぐっとこらえていた涙も溢れてきてしまう。。 そして、お相手様の親御様へ「これから宜しくお願い致します」という 花嫁様の決意を親御様がきちんとお迎えするお姿   ここにひとつの『家族』が誕生する瞬間を 一番近くで見ることができること それがわたしの一番幸せを感じる大好きな瞬間です。

1 / 712345...最後 »
ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ・ご予約・ご相談

0564-26-2111

平日/11:00~19:00 土日祝/10:00~19:00(火曜休館日)

メールでのお問い合わせ・ご予約・ご相談