式場スタッフによる、様々なことを綴ったスタッフブログです。

ラインアット

Sweet Roses Club OKAZAKI スウィートローゼスクラブ岡崎 に電話をかける

お電話でのお問い合わせ・ご予約・ご相談

0564-26-2111

平日/11:00~19:00 土日祝/10:00~19:00(火曜休館日)

メールでのお問い合わせ・ご予約・ご相談

0564-26-2111

開催中のフェア 資料請求 来館予約

スタッフブログ
BLOG

2021
August
08
MON TUE WED THU FRI SAT SUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事検索

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

スタッフブログ

ケーキ入刀に込められた、本当の意味って?

                            

“新郎新婦 夫婦での初めての共同作業です!” 司会者さんから、こんなコメントで紹介されることの多い、人気のセレモニー“ケーキ入刀” 今から20年ほど前は、全長2メートルは超えそうな豪華なイミテーションケーキが主流でした・・・ 今は、おふたりらしいオリジナルフレッシュケーキのデザインを見るのも楽しみの一つですよね♪ ここでは、そんな人気のセレモニー“ケーキ入刀”が、なぜ結婚式で行われるのか??? 諸説いろいろではありますが、ただのセレモニーや撮影の為だけじゃない! もっと大切な想い出となりますように、素敵な由来をお届けします♪

子孫繁栄・ふたりの幸せを願って“ウェディングケーキ”が誕生

始まりは甘い甘いケーキ!ではなく・・・“ビスケット”だったそうです! 約1900年前の古代ローマでは、繁栄の象徴である“麦”と塩で作ったビスケットが結婚式で使われていました。 そのビスケットには、夫婦の幸せや将来の繁栄、子宝に恵まれますように・・・と願いを込めて。 新郎が一口食べて、残りを砕いて新婦の頭にかける! そんな風習があったと伝えられているそうです。 そのビスケットの欠片には幸せな力があると考えられ、 ゲストが競い合って拾ったそうです。 今では考えられない儀式ですが(笑) 新郎さんの顔がケーキまみれになったり ケーキをゲストに配ったり 1900年の間でカタチを変えて、受け継がれているのかもしれませんね そんな“ビスケット”が、豊作を意味する葡萄などのフルーツを加えた“フルーツケーキ”になり。 現在の“ウェディングケーキ”に近づいたのは、18世紀にイギリスの女王のご成婚の時に誕生した、 3段重ねの“シュガーケーキ”だったそうです。 その3段重ねのケーキは、下段のケーキを参加してくれたゲストへ。中段のケーキは来られなかった人たちへ。そして上段のケーキは大切に保管をして、ふたりの子供が産まれた時に食べていたそうです。

なぜケーキに“入刀”するの?

こちらも諸説ありますが。 一つは、ギリシャ神話の中から・・・ 若い男女が永遠の愛を誓い、1つのパンをふたりで分かち合って食べた。 そんな言い伝えが、もとになっていると言われています。 分かち合える食料がある = 将来食べる物に困らない 豊かさの象徴 ふたりで手と手を取り、どんな困難も切り開いていく! そんな願いが“ケーキ入刀”のセレモニーに繋がっているそうです。 そしてもう一つは、夫婦での初めての共同作業!だったそうです。 アメリカに伝わるお話しで、新婦の母親がケーキを作って、新婦がそのケーキをカットしてゲストへ配る役目だったそうです。 当時流行っていたシュガーケーキを、大勢のゲストにカットするのはとても大変・・・ その様子を見ていた新郎が、ナイフを持つ新婦の手にそっと手を重ねて、一緒にケーキをカットしたことが始まりだと言われているそうです。 やるのが当たり前になっている“ケーキ入刀”のセレモニーには ふたりの幸せと、これからの人生の繁栄を願う ゲストからの想い ふたりの大切な人たちと、これから訪れるふたりの子供へ 幸せを分かち合うふたりの想い ふたりで手と手を取り合い幸せになる ふたりの愛の誓い 大切な新婦へ 手を差し伸べる新郎の優しい気持ち 沢山の想いが込められた“ケーキ入刀”のセレモニー♪ おふたりの大切なゲストの皆様と、横で手を握り笑っている大切な人と、おふたりの新しい家族へ 沢山の愛を心に、素敵なシーンを大切に行ってくださいね♪

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ・ご予約・ご相談

0564-26-2111

平日/11:00~19:00 土日祝/10:00~19:00(火曜休館日)

メールでのお問い合わせ・ご予約・ご相談